法改正情報

  1. 知っておきたい「がん対策基本法」の概要と改正内容

    ◆改正法が成立12月9日、衆院本会議で「改正がん対策基本法」が全会一致で可決、成立しました。ここでは、企業の方も知っておきたい法律の概要と改正のポイントをご紹介いたします。

    続きを読む
  2. 7月から施行された「中小企業等経営強化法」のポイント

    ◆「中小企業等経営強化法」とは?労働人口の減少、企業間の国際競争の激化等の経済社会情勢の変化に対応し、中小企業・小規模事業者等の経営強化を図るため、「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律」の一部を改正したものが「中小企業等経営強化法」です。

    続きを読む
  3. 「仕事と介護の両立問題」に対応するための法改正&新設助成金

    ◆年間10万人超の介護離転職者が発生内閣府の「2015年版高齢社会白書」によると、2011年10月から2012年9月までにおける介護や看護を理由とする離転職者数は10万1,001人だったそうです。

    続きを読む
  4. 労災年金と厚生年金を併給する場合の調整率が引き上げられます

    ◆4月1日施行労災保険法の傷病(補償)年金と厚生年金保険法の障害厚生年金の調整に用いる率(調整率)が、平成28年4月1日より、現行の0.86から0.88に引き上げられます。

    続きを読む
  5. 注目の助成金!「女性活躍加速化助成金」とは?

    ◆どんな助成金なのか?いわゆる「女性活躍推進法」が来年4月1日に施行されるのに先駆けて、自社の女性の活躍に関する「数値目標」や「取組目標」等を盛り込んだ行動計画を策定し、目標を達成した事業主に対して支給される「女性活躍加速化助成金」が創設されました。

    続きを読む
  6. 「確定拠出年金」制度導入企業増加の背景と法改正の動き

    ◆政府目標は2万社厚生労働省の調べによると、大企業を中心に確定拠出年金(以下、「DC」)制度を導入する企業が増えており、政府が目標としている2万社を近く達成する見通しになったとのことです。今後、中小企業や公務員、主婦等にも、DC活用が広く期待されます。

    続きを読む
  7. 個人情報保護法改正ですべての企業にセキュリティ対策を義務化

    ◆個人情報の「活用」と「保護」をめぐる変化個人情報保護法が約10年前に完全施行された後、通販サイトでの購買履歴のような、施行当時には想定されていなかったデータが“ビッグデータ”として注目されるようになり、個人情報の定義や取扱いに関するルールを見直す必要が生じてきました。

    続きを読む
  8. 実務に大きな影響が!「労働時間」に関する法改正の動向

    ◆「報告書案」が示される労働時間をめぐる法改正の動きが活発化してきました。2月6日に労働政策審議会労働条件分科会(第124回)が開催され、「今後の労働時間法制等の在り方について(報告書案)」が示されました。

    続きを読む
  9. 多くの企業に影響する「有期雇用特別措置法案」の概要

    ◆来年4月1日施行予定10月29日に、「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法案」(有期雇用特別措置法案)が参議院本会議で可決されました。この法案は、今年の通常国会に提出されたものの成立せず、臨時国会で継続審議となっていたものです。

    続きを読む
  10. 健康保険の手当金不正請求防止のため、算定方法見直しへ

    ◆見直しの対象となる給付は?現在、厚生労働省で健康保険の海外療養費・傷病手当金・出産手当金の見直しについて議論されています。問題となっているのは「不正請求」です。

    続きを読む
  11. 換気装置の設置も「受動喫煙防止対策助成金」の交付対象に

    ◆安衛法の改正に伴う交付要領の改正2014年6月25日に改正労働安全衛生法が公布され、事業者は、労働者の受動喫煙を防止するため、当該事業者および事業場の実情に応じ適切な措置を講ずる努力義務が課せられるとともに、国も必要な援助に努めることとされました。

    続きを読む
  12. 「改正パートタイム労働法」省令や指針に注意!

    ◆改正パートタイム労働法の概要4月23日に公布された改正パートタイム労働法(以下、「改正法」)では、賃金の決定、教育訓練の実施、福利厚生施設の利用その他待遇の面で正社員との差別的取扱いが禁止されるパート労働者の範囲の拡大、また、待遇の決定についてパート労働者の納得性を高めるために行う雇入れ時の説明...

    続きを読む
  13. 「労働時間法制の見直し」をめぐる最近の動向

    ◆「ホワイトカラー・エグゼンプション」導入?安倍政権が成長戦略の策定や改革実現のために設置した日本経済再生本部の下に設けられた「産業競争力会議」では、「ホワイトカラー・エグゼンプション」(以下、「WE」という)の導入が検討されています。

    続きを読む
  14. 4月以降の労働・社会保険事務で留意すべき改正点

    ◆労働保険関係育児休業給付の支給率(休業前の賃金に対する給付割合)が、休業開始後6カ月の間は、50%から67%に引き上げられます。

    続きを読む
  15. 4月から始まる「産休期間中の社会保険料免除制度」

    ◆4月から制度スタート仕事と子育ての両立支援を図るため、産前産後休業(原則、産前42日・産後56日)を取得した場合、育児休業の場合と同様に社会保険料の免除が受けられるようになります(被保険者分および事業主分)。

    続きを読む
  16. 2014年度の各種保険料額(率)・年金額

    ◆雇用保険料率1月27日に2014年度の雇用保険料率が発表されました。2013年と変わらず、下記の通りとなります。

    続きを読む
  17. 「子育て世帯臨時特例給付金」の支給について

    ◆「子育て世帯臨時特例給付金」とはこれは、4月1日から消費税率が8%へと引き上げられることに伴い、家計への影響が大きいとされる中・低所得者を対象に、負担軽減策として設けられた給付です。

    続きを読む
  18. 「業務改善助成金」の対象地域が拡大

    ◆補正予算成立により対象拡大「業務改善助成金」(中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金)は、事業場内の最も低い時間給を、計画的に800円以上に引き上げる中小企業に対して、賃金引上げに資する業務改善を支援する助成金です。

    続きを読む
  19. 改正間近!これからの安全衛生管理の注目ポイント

    ◆行政の監督方針への影響も次期通常国会では、安全衛生分野の法改正がありそうです。このほど今後の労働安全衛生対策に関する報告書がまとまり、厚生労働省では、これから法案の作成に取り掛かるということです。

    続きを読む
  20. 男女雇用機会均等法に関する改正内容

    ◆今年7月1日施行昨年12月24日に、厚生労働省から、男女格差の縮小や女性の活躍促進を推進するための、男女雇用機会均等法の施行規則を改正する省令等が発表されました。主な項目は下記の通りであり、いずれも今年の7月1日から施行されます。

    続きを読む
  21. 「アルコール健康障害」に関する基本法が成立

    ◆臨時国会で可決・成立「特定秘密保護法」が大きな話題となった臨時国会(会期:2013年10月15日~12月8日)でしたが、本国会において、「アルコール健康障害対策基本法」という法律が可決・成立しました。

    続きを読む
  22. 「労働者派遣制度」見直しに関する最新動向

    ◆制度見直しの“3つの視点”厚生労働省の「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」(以下、「研究会」)は、8月6日に開催された会合で報告書素案を公表し、今後、労働政策審議会で行われる見直しの議論のための方向性や論点を示しました。

    続きを読む
  23. 8月1日より変更される雇用保険の基本手当日額等

    ◆賃金日額・基本手当日額の変更厚生労働省発表の「毎月勤労統計」の平均定期給与額の増減により毎年8月1日に見直される雇用保険の賃金日額の上限額・下限額が、2012年度の平均定期給与額が前年比で約0.5%減少したことから、いずれも若干の引下げとなりました。

    続きを読む
  24. 今年度から「キャリアアップ助成金」が創設

    ◆有期契約労働者等のキャリアアップを促進キャリアアップ助成金は、有期契約労働者等(有期契約労働者および正規雇用の労働者以外の無期契約労働者。短時間労働者、派遣労働者を含む)の企業内でのキャリアアップを支援する事業主を対象として支給される助成金です。

    続きを読む

ページ上部へ戻る