HOME  > コンテンツ  > 65歳雇用延長制度への対応

65歳雇用延長制度への対応

平成18年4月1日から段階的に65歳までの雇用を確保するよう企業に、65歳までの段階的な雇用延長が義務化されました。

65歳雇用延長制度への対応は済みましたか?

すべての企業に平成18年4月1日から段階的に65歳までの雇用を確保する企業に定年の段階的段階的な65歳までの雇用延長が義務化されました。

  1. 定年制の廃止
  2. 定年年齢の引上げ
  3. 継続雇用制度の導入

いずれかの措置を義務が課せられます。

企業は、雇用確保の方法のうち、いずれかの方法によって雇用を確保する必要(事業主が労使協定のために努力したにもかかわらず調わないときは、平成23年3月31日までの間は、就業規則等により高年齢者に係る基準を定め、当該基準に基づく制度を導入できる。)があります。

【サービス内容】

  • 労使協定の作成
  • 就業規則の変更
  • 継続雇用制度を導入する場合、従業員の年金・高年齢雇用継続給付金と調整し、最適な賃金設計をご提案いたします。

60歳からの継続雇用には次のようなスタイルがあります。

[継続雇用スタイル例]

(1)勤務延長

定年年齢はそのままで、その年齢に達した者を退職させることなく引き続き雇用する制度。

(2)再雇用制度

定年年齢に達した者を一旦退職させた後、再び雇用する制度。

(3)勤務延長後再雇用

(1)+(2)

(4)定年延長

[勤務スタイル例]

  • 60歳前と同じように勤務する。
  • 1日の労働時間を短くする。
  • 隔日等の勤務とする。
プリンタ用画面

目黒区 渋谷区 港区 品川区 大阪他エリアの社労士法人、社会保険労務士(社労士)事務所、社会保険加入手続、適正検査
CUBIC、就業規則作成・変更、給与計算代行、年金相談、人事コンサルティング、労働保険事務組合、障害年金 受給

Copyright (C) 2004-2013 あすか社会保険労務士法人/株式会社あすかコンサルティング. All Rights Reserved.