HOME  > 法改正情報  > 新着情報・お知らせ  > 人手不足が進む介護事業所における職員の不満の内容は?
アーカイブ | RSS |
新着情報・お知らせ : 人手不足が進む介護事業所における職員の不満の内容は?
投稿日時: 2016-09-14 10:23:10 (576 ヒット)

◆介護職員も家族の介護に追われている
 8月上旬に公益財団法人介護労働安定センターが公表した平成27年度「介護労働実態調査」により、両親ら家族の介護のために離職した従業員がいた介護事業所が約4分の1に上ることがわかりました。
 調査は昨年10月、介護に関わる1万7,643事業所と介護現場で働く5万2,929人を対象に実施され、事業所の51%、従業員の41.3%が回答しました。

◆事業所の回答では「従業員不足」が6割超
 事業所へのアンケートでは、従業員が不足していると回答したのは61.3%で、前年より2%増えました。
 その原因は「採用が困難」が70.8%でトップ、さらにその理由として多かったのが「賃金が低い」(57.4%)、「仕事がきつい」(48.3%)、「社会的評価が低い」(40.8%)の順でした。
 労働者の平均賃金(月給の者)は21万7,753円で、前年より2,676円のアップとなりました。
 また、「過去3年間に介護を理由に退職した従業員がいた」と答えた事業所は23.5%に上り、介護事業所においても「介護離職」が進んでいる現状が明らかになっています

◆従業員の不満は「人手が足りない」「賃金が低い」が多数
 従業員に対する調査では、仕事を選んだ理由として「働きがいのある仕事だから」が52.2%(前年比マイナス0.4%)、「資格・技能が活かせるから」が35.8%(同マイナス0.4%)でした。
 労働条件等に対する不満では、「人手が足りない」が前年より2.6%増えて50.9%で最も多く、次いで「仕事内容の割に賃金が低い」が42.3%、「有給休暇が取りにくい」が34.6%と、介護労働の現状を如実に示す数字となりました。
 一方、仕事や勤務先に対する希望では「今の仕事を続けたい」が65.5%、「今の勤務先で働き続けたい」が57.5%という結果でした。

◆政府の取組みは?
 政府は、「一億総活躍プラン」の中で「介護離職ゼロ」に向けた取組みとして、介護人材の処遇改善や人材育成、介護休業の取得促進などを掲げていますが、上記の調査実態からも、より具体的で明確な対策が求められると言えるでしょう。
 


印刷用ページ 

目黒区 渋谷区 港区 品川区 大阪他エリアの社労士法人、社会保険労務士(社労士)事務所、社会保険加入手続、適正検査
CUBIC、就業規則作成・変更、給与計算代行、年金相談、人事コンサルティング、労働保険事務組合、障害年金 受給

Copyright (C) 2004-2013 あすか社会保険労務士法人/株式会社あすかコンサルティング. All Rights Reserved.