お知らせ

リモートワークの有無が転職の意向に影響

【参考リンク先】

パーソルキャリア「第3回リモートワーク・テレワーク企業への転職に関する調査」

https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/research/2021/20211129_02/

 

新型コロナの感染拡大を受け、急速に拡大したリモートワーク。

実際の従業員の意識はどうなのでしょうか?

パーソルキャリアが実施した

「第3回リモートワーク・テレワーク企業への転職に関する調査」の結果をご紹介します。

調査の対象:20~30代のdoda会員、調査期間:2021年10月28日~11月3日

回答人数:361人

 

今回の調査の中でも、もっとも注目したいのが

「転職を検討する際に、リモートワーク・テレワークを実施しているかどうかが応募の意向に影響するか?」

というもので、結果は以下の通りです。

「とても影響する」 33.0%

「やや影響する」 22.7%

実に55.7%が転職を検討する際に、

リモートワーク・テレワークを実施しているかどうかが応募の意向に影響すると回答しています。

 

リモートワーク・テレワークが難しい職種もありますが、リモートワーク・テレワークの有無は、

求人企業への応募という人材確保力や入社後の社員の定着力にも影響を与えることになりそうです。

ページ上部へ戻る