労務の知恵

  1. 下請法のポイントと法違反対策 ~下請Gメンが動きだした!

    ◆「下請法」とは?下請法は、正式名称を「下請代金支払遅延等防止法」といい、下請取引の公正化・下請事業者の利益保護を目的としています(下請法第1条)。下請法の対象となる取引は、事業者の資本金規模と取引の内容で定義されています。

    続きを読む
  2. 長期治療が必要な「脳卒中」「肝疾患」の従業員に会社はどう対応する?

    ◆ガイドラインの参考資料厚生労働省は3月1日、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」の参考資料として、「脳卒中に関する留意事項」と「肝疾患に関する留意事項」を追加しました。

    続きを読む
  3. 「年次有給休暇」の取得状況は?

    ◆2月末に結果公表厚生労働省では、年に一度、主要産業における企業の労働時間制度、定年制、賃金制度等について総合的に調査し、民間企業における就労条件の現状を公表しています。今回は、2月末に発表された「平成28年度 就労条件総合調査の概況」から、年次有給休暇についての実態を見てみましょう。

    続きを読む
  4. 「転勤に関する雇用管理のポイント」と企業の配慮

    ◆厚労省が指針を公表へ春の異動のシーズンを迎え、転勤となる従業員も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

    続きを読む
  5. 風邪、花粉症… 市販薬の服用についての注意喚起を!

    ◆市販薬の利用が増えるシーズン今年も風邪が大流行していますが、皆さんの職場は大丈夫ですか? これから春に向かうと、花粉症に悩まされる方も多いのではないでしょうか?冬から春にかけてのこの時期は、辛い症状を緩和するために、病院に行くのは面倒だから/時間がないから…と、手軽に市販薬を買うということも増...

    続きを読む
  6. 「確定拠出年金」の資産の多くが運用されず塩漬けに

    ◆約57万人分の資産が運用されず確定拠出年金(DC)制度で運用されずに放置されている預かり資産が今年3月末時点で1,428億円(約57万人分)に上ることが判明したそうです。原因の多くは、勤務先で「企業型」に加入していた加入者が転職時などに必要な手続きを行わなかったためです。

    続きを読む
  7. 調査結果にみる企業の「福利厚生」に関する動向

    ◆今回で60回目の調査経団連は、「2015年度 福利厚生費調査結果の概要」を11月14日に公表しました。今回で60回目となるこの調査は、1955年度から毎年実施されており、「わが国において、半世紀以上にわたる企業の福利厚生費の動向を把握できる、唯一の調査である」とのことです。

    続きを読む
  8. 改めて確認しておきたい! 年末年始の挨拶マナー

    ◆1年の節目、準備は万端ですか?早いもので、今年も年の瀬が迫ってきました。1年の節目となる年末年始、取引先への挨拶回りや挨拶状の送付を行うことも多いのではないでしょうか。失礼のないよう、マナーについていま一度確認しておきたいものです。

    続きを読む
  9. 職場での旧姓使用は可か否か ~東京地裁判決から考える

    ◆女性教諭の訴えを棄却私立中学・高校の30代の女性教諭が、結婚後に職場で旧姓使用が認められず人格権を侵害されたとして、学校側に旧姓の使用と約120万円の損害賠償を求めた裁判の判決が10月11日に東京地裁であり、「職場で戸籍上の氏名の使用を求めることには合理性、必要性がある」として、教諭の請求を棄却...

    続きを読む
  10. 初の「過労死等防止対策白書」 その内容とは?

    ◆法施行後、初の白書政府は、平成26年に施行された「過労死等防止対策推進法」に基づき、年次報告書「過労死等防止対策白書」を初めて公表しました。

    続きを読む
  11. 「仕事と子育ての両立支援」に積極的な企業の認定制度とは?

    ◆「くるみん制度・プラチナくるみん制度」くるみん制度は、昨年4月1日施行の「改正次世代育成支援対策推進法」によって創設され、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定を受けられる制度です。

    続きを読む
  12. 問題発生を防ぎ、生産性を高めるには?「コミュニケーション力」強化のススメ

    ◆問題の多くは「コミュニケーション」が原因で発生打合せや商談、報告・連絡・相談、プレゼンテーション、交渉など、ビジネスのでは多くの場面でコミュニケーション力が求められます。

    続きを読む
  13. 人手不足が進む介護事業所における職員の不満の内容は?

    ◆介護職員も家族の介護に追われている8月上旬に公益財団法人介護労働安定センターが公表した平成27年度「介護労働実態調査」により、両親ら家族の介護のために離職した従業員がいた介護事業所が約4分の1に上ることがわかりました。

    続きを読む
  14. メタボ健診で「正常レベル」の人は2割未満

    ◆「正常レベル」の割合はかなり少ない健康保険組合連合会(健保連)が2014年度における40歳~74歳(326万4,499人)を対象とした特定健康診査(特定健診)の調査結果を発表し、健康診断の主要4項目(血圧、脂質、血糖、肝機能)がすべて「基準値以内」だった人が全体の約19%しかいなかったことがわか...

    続きを読む
  15. 2018年春入社の採用活動日程と最近のインターンシップの動向

    ◆今年と変化なし経団連(日本経済団体連合会)は、現在の大学3年生が対象となる2018年春入社の就職・採用活動に関して、大手企業による会社説明会の解禁日を2017年入社組(現在の大学4年生)と同じ「3年生の3月」、面接など採用選考の解禁日を「4年生の6月」と、それぞれ変更しない方針を示しました。

    続きを読む
  16. 育児休業取得者の割合と男性の育休取得で受給できる新設助成金

    ◆男女別の育児休業取得率は?厚生労働省から「平成27年度 雇用均等基本調査」の結果が公表され、育児休業の取得者割合(取得率)が明らかになりました。

    続きを読む
  17. 調査結果にみる 中小企業の「人手不足」への対応と課題

    ◆中小企業へのアンケート調査日本商工会議所から6月下旬に「人手不足等への対応に関する調査」の集計結果が公表されました(調査対象:中小企業4,072社、回答企業:2,405社)。

    続きを読む
  18. 中小企業にも広がる「クラウド・コンピューティング」

    ◆増え続ける利用割合クラウド・コンピューティングを利用する中小企業が増えています。中小企業庁「2016年版 中小企業白書」によると、2009年に6.8%だった中小企業の利用割合は、2013年には27.3%となり、その後も増え続けています。

    続きを読む
  19. 「保活」の実態に関するアンケート調査結果から

    ◆大きな社会問題となっている待機児童昨今、「待機児童」の問題が新聞やテレビでも頻繁に取り上げられており、大きな社会問題となっています。

    続きを読む
  20. トラブルの多い「求人票への虚偽記載」で懲役刑を検討

    ◆法改正へ向けて秋以降に本格議論厚生労働省の有識者検討会が、ハローワークや民間の職業紹介事業者に、労働条件を偽って求人を出した企業とその幹部に対する罰則を設けるべきとする報告書をまとめました。

    続きを読む
  21. 企業にとってのメリットは?「法人番号」の利活用

    ◆13桁の番号 株式会社や社団法人、協同組合等、設立の登記を行った法人や国の機関・地方公共団体などに、13桁の法人番号が指定される「法人番号制度」が平成28年1月よりスタートしています。

    続きを読む
  22. 第三の企業年金「リスク分担型確定給付企業年金」とは?

    ◆新制度創設へ4月28日の厚生労働省企業年金部会で新たな企業年金制度(リスク分担型確定給付企業年金)の案が示され、了承されました。同制度は一定額の掛金をあらかじめ上乗せしておくことで景気悪化時の追加拠出が避けられるというものです。

    続きを読む
  23. 「勤務間インターバル制度」に関する動向

    ◆「勤務間インターバル制度」に助成金検討厚生労働省が「勤務間インターバル制度(=社員が職場を退社し、翌日出社するまでに一定の時間を空ける制度)」を導入した企業に最大100万円の助成金の支給を検討している、との報道がありました。

    続きを読む
  24. 「介護職員の精神疾患」急増で求められる対策の見直し

    ◆労災申請は5年で2倍、認定は3倍に厚生労働省の調べで、仕事上のストレスが原因でうつ病などの精神疾患を発症したとして、労災を申請した介護職員が2014年度までの5年で2倍以上に増えたことがわかりました。労災認定された人も約3倍に増加し、業種別の順位でもトップなどに上昇しています。

    続きを読む

ページ上部へ戻る