労務の知恵

  1. 改めて確認しておきたい「クレーム対応」の基本

    ◆増えているクレームクレームに関しては、「顧客が苦情を企業に伝えるのは26件中1件」という測定結果(1984年)が有名で、この数字がいわばクレーム対応を行う上での常識ともなっています。

    続きを読む
  2. 深刻化する中小企業の「事業承継」「廃業」

    ◆「起業希望者」が急激に減少政府が閣議決定した中小企業白書(2014年度版)で、経営者の高齢化と後継者不足が深刻化している状況が明らかになりました。

    続きを読む
  3. 「待機時間」の扱いはどうすればよい?

    ◆ドライバーの待機時間に関する争い賃金を支払わなかったトラックドライバーの待機時間(手待ち時間)について、「荷物管理を要求されて移動や連絡待ちもあり、休憩時間と評価するのは相当でない」として、労働時間に該当するとする判決が出ました(4月24日横浜地裁相模原支部)。

    続きを読む
  4. 「介護」と「仕事」を両立させるために企業ができることは?

    ◆職場環境の整備が重要な課題に近年、親や家族などの介護を理由として仕事を辞める「介護離職」が増加し、大きな問題となっています。総務省の平成25年発表によると、介護離職する方は年間10万人以上。

    続きを読む
  5. 「非正規社員の正社員化」の動きと「限定正社員」

    ◆小売、流通、外食を中心に増加先日、衣料専門チェーン「ユニクロ」を運営する株式会社ファーストリテイリングが、現在約3万人いるパート社員・アルバイト社員のうち、半数以上の約1万6,000人を今後2~3年かけて正社員に登用していくことを発表したとの報道がありました。

    続きを読む
  6. 20分で8時間分の疲労回復効果!?

    ◆健康づくりのための「睡眠」のポイント11年ぶりに改定されることとなった「健康づくりのための睡眠指針」では、若年・勤労・熟年の世代別に、年齢等に応じた睡眠のポイントを示しています。勤労世代については、疲労回復・能率アップのため、毎日6時間以上8時間未満の睡眠を取るようアドバイスしています。

    続きを読む
  7. 御社の人事制度、問題なく運用できていますか?

    ◆人事制度、大丈夫ですか?御社の人事制度は、設計されてから現在まで、どのくらいの期間運用されていますか?また、運用について現在、問題はありませんか?人事制度は、無用の混乱を防ぐという観点からも頻繁に変える類のものではありませんが、企業を取り巻く環境が大きく変化している現在、その環境に合わせて制...

    続きを読む
  8. 会議・ミーティングを変える!「ファシリテーション・スキル」

    ◆会議のよくある問題点ビジネスの現場では欠かせないものであるにもかかわらず、期待した成果が得られていないことも多い会議やミーティング。忙しいなか時間を割いているにもかかわらず、「建設的な議論はできないまま時間だけが経ってしまった…」という経験をしたことがある方も多いことでしょう。

    続きを読む
  9. 社員の働きにも影響する「テクノ依存症」とは?

    ◆今や社会問題に!一般的に「依存症」というと、「アルコール依存症」や「ギャンブル依存症」、「買い物依存症」などが思い浮かびますが、近年、「テクノ依存症」というものが社会問題となりつつあるようです。

    続きを読む
  10. 「障害者の就労支援」に関する取組み

    ◆厚労省から報告書公表3月初旬に、厚生労働省「地域の就労支援の在り方に関する研究会」から、障害者の就労支援に関する報告書が公表されました。同省では、この報告書の方向性を踏まえて、今後の重要な施策の1つである「障害者の就労支援」に向けた取組みを推進していくとしています。

    続きを読む
  11. 要チェック! 平成26年度の厚生労働省方針

    ◆労務管理見直しの契機に厚生労働省の来年度方針が続々と明らかになっています。自社の労務管理の方向性を見直すうえで参考にしてみはいかがでしょうか。◆高齢者の雇用等65歳までの雇用が原則義務化され、高齢者の賃金設計とそれに伴う全体的な賃金制度の見直しを実施・検討する企業が増えています。

    続きを読む
  12. 「OJT」を効果的にすすめるために…

    ◆OJTトレーナーへのフォローも必要新卒採用を行った企業では、4月の新入社員入社に向け、様々な準備が始まっているのではないでしょうか。新入社員をはじめとする若手社員への教育をOJTで行うことが一般化していますが、その際、若手・中堅社員をOJTトレーナーとしてつける企業が多いようです。

    続きを読む
  13. 「仕事への意識」に対する企業と若者の間にあるズレ

    ◆企業と若者の間で仕事に対する意識にズレが?日本生命保険相互会社が発表した、従業員数1,000人以上の企業などを対象とした「企業調査」と、全国の20代以上の社会人および就職が内定している大学4年生などを対象とした「若者調査」によると、仕事に対する意識において企業と若者の間にズレが生じていることがわ...

    続きを読む
  14. 「コミュニケーション力」を磨く講座が人気!

    ◆管理職に人気の講座は「部下のほめ方・叱り方」エン・ジャパン株式会社が発表した定額制研修サービス「エンカレッジ」の役職別人気講座ランキングを見ると、管理職・一般社員いずれも「コミュニケーション」をテーマにした講座が人気となったようです。

    続きを読む
  15. 「年次有給休暇」に関する最近の動向

    ◆昨年の取得率は約47%厚生労働省の発表によると、企業が昨年(2012年)、社員に付与した年次有給休暇(年休)は平均18.3日で前年と同でしたが、社員が実際に取得した日数は平均8.6日(前年9.0日)に減少し、取得率も47.1%(同49.3%)に低下したことがわかりました。

    続きを読む
  16. 社員にも知らせておきたい年金の手続き

    ◆情報提供で従業員満足度をアップ年金の手続きについては、本人の受け取る年金額にも影響してきますので、最終的には年金事務所での確認が必要になります。しかし、制度の概要や手続きの流れ、法改正の話題などを従業員に案内しておくことは、従業員満足度を上げる意味でも有効な手段です。

    続きを読む
  17. 「応募者」から見られている「採用面接官」

    2015年春の就職を目指す大学3年生らの就職活動が12月1日スタートしましたね。企業側の姿勢で気を付けたいことは・・・・◆採用面接で重要なことは?人材を採用する際、「採用面接」を実施しない企業はほとんどないでしょう。

    続きを読む
  18. 知っておきたい「アサーディブネス」

    ◆「アサーティブネス」とは?「アサーティブネス」(発展的・協調的自己主張)とは、相手を尊重しながら自分の要望・意見をきちんと相手に伝える、すなわち人間関係を損なうことなく自分の要望・意見を表明するための方法論です。

    続きを読む
  19. 「ブラック企業」の定義と労働行政の対応

    ◆「ブラック企業」の定義は?最近、マスコミ等で大きな話題となっている「ブラック企業」ですが、「労働法令を遵守せず、労働者の人格を著しく無視したかたちで働かせている企業」、「違法な長時間労働や賃金不払い残業があり、離職率が極端に高い企業」、「就職したらひどい目にあうので避けた方がよい企業」などと定義...

    続きを読む
  20. 「エクストリーム出社」!?

    ◆話題の“進化型朝活”皆さんは「エクストリーム出社」なる活動をご存じでしょうか。これは、最近マスコミ等でも取り上げられている、話題の“進化型朝活”です。

    続きを読む
  21. 婚外子相続格差違憲判決で注目を集める「寡婦控除」

    ◆きっかけとなった判例法律上婚姻関係のない両親から生まれた「婚外子」(非嫡出子)の相続について、「法律婚の子(嫡出子)の2分の1」とする民法の規定をめぐり争われた遺産分割審判において、2013年9月4日、最高裁大法廷は、「父母が婚姻関係になかったという、子供にとって選択の余地がない理由で不利益を及...

    続きを読む
  22. 企業における「懲戒処分」の実施状況は?

    ◆労働政策研究・研修機構の調査近年、労使トラブルは増加傾向にありますが、それに伴い懲戒処分を実施する(または実施を検討する)企業も増えているようです。

    続きを読む
  23. 運送事業者に対する監督指導・送検の状況

    ◆平成24年の監督指導・送検厚生労働省から、自動車運転者(トラック、バス、タクシー等)を使用する事業場に対して行われた、全国の労働局や労働基準監督署による監督指導や送検について、平成24年の状況が公表されました。

    続きを読む
  24. 労働基準監督署による最近の送検事例(労災関連)

    ◆東京労働局が送検事例を公表東京労働局では、労働基準監督署が送検した事例をホームページ上で公表しています。ここでは、労災事故に関連した最近の送検事例を見てみましょう。

    続きを読む

ページ上部へ戻る